cmsでサイト運営

cmsとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、デジタル媒体の内容(コンテンツ)を総合的に管理できるシステムのことです。特にウェブサイトの作成や運用に活用されており、HTMLやCSSなどの知識がなくても、情報発信ができるように構築されています。簡単に内容を作成・修正できるだけでなく、統一したデザインでページ作成ができるため、大企業や自治体のサイトだけでなく、中小企業や個人のウェブサイトにも、使われているものが多い仕組みです。

cmsは、Web制作会社やシステム会社が独自開発しているもののほか、オープンソースで公開されているものもあり、基本的な機能は無料で使用できるものもたくさんあります。日本でよく使われているのがWordPress(ワードプレス)。そのほか、ホワイトハウスの公式サイトにも採用されているDrupal(ドルーパル)、大規模会員サイトも構築できるJoomla!(ジュームラ)、ECサイトが構築できるEC-CUBE(イーシーキューブ)などが、利用されています。

いずれも基本的なシステムを使用するのは無料。サイトの目的や必要な機能に応じて、デザインテンプレートを設定、または作成したり、配布されている機能追加用プログラム(プラグイン)を導入したりすることで、ニーズにあった機能のサイトを安価で構築できます。

さまざまなcmsは、その機能として複数サイトが作成、管理できるようになっているものもあります。複数サイトの管理が一つのCMSでできれば、テーマカラーを変えただけで支店のサイトを構築したり、いくつかのアフィリエイトサイトを管理できたりします。

このサイトでは、cmsに欲しい複数サイト作成機能について説明します。